夢考察

夢日記

白と黒板の違い

今日は夢の話ではない

学校の黒板の話だ

私は勉強が大嫌いだったので、成績が悪かった

クラスも成績順番でも下位の方であった

私の母はクラスだけではなく学校全体でもトップの成績であった

だから卒業も入学式も総代であった


その違いを考えたのだ

勉強をする時間が違うとか勉強の予習復習をしている差とか

ひとつ違うことを発見した

私は授業中、先生の話を聞いていたり、黒板を見ていたりして

授業を受ける

その際に私の頭の中は真っ白なのだ

つまり全くの受身である

脳の活動はたぶん1パーセントかな、黒板の文字をノートにかき写す

だけの活動だろう


母の脳の活動を想像すると

授業の時に先生の話に同意したり、疑問を持ったりして

脳の中で先生と会話をするくらいの脳活動をしていると思う

それは

母のテレビの見方を見てそう思うのだ

ボクシングを試合で声を上げて応援する母の姿は

映像に対して脳活動をしていると考えられる

私はそんな事は無いのだ

映像に対しても受身なんだろうと思う

広告を非表示にする